2019年05月31日

【日記】今さらGWの思い出! 日本のラピュタといわれる友ヶ島!



ヒーハー!
ごきげんよう、ノンたんです!

おっそろしいことに、もう5月が終わろうとしています!
マジで!?

礼和に入ってもう1ヶ月ですYo!
あともう1ヶ月で、今年が半分終わってしまいます!
何か毎年、「勘弁して下さいよぅ……」とか言ってる気がします。


という訳で!
お茶を濁すわけでは全然ありませんが、
実はつい先日も自分のツイッターのTLに、
記事タイトルにもした友ヶ島……ではなく、
そこに行くために利用する南海電鉄の加太さかな線の写真が流れてきたんですよ。
ここ、ホント、特徴的な内装になっておりましてですね。



IMG_1713.JPG

IMG_1715.JPG

IMG_1716.JPG



ご覧のように、つり革から座席から中吊りまで、
車内がすべて「魚」をモチーフにまとめられているんですね〜。
床にも、魚や釣り場っぽい感じの絵が書かれていたりして、なかなかに愉快です。


その電車に乗って向かうのが、和歌山にある友ヶ島という島ですね。
こちら、ネットで検索すれば「ラピュタ」というような感じで出てきます。

と言いますのも、旧日本軍の砲台跡がありまして、
その廃墟感がいい具合にラピュタっぽい印象を出してるんですよ。
それが結構人気になっているようですね。
もちろん、私もネットで知って、行ってみようと思った口です。


が、しかし。

いや〜、GWに行ったのは失敗でしたね!
ていうか、聞いてくださいよ。

フェリーが1時間に1本と聞いてまして、
私は10時の船に乗れればラッキー、それが無理でも11時に乗れるだろうと思って、
朝の7時前に家を出て、フェリー乗り場には9時半頃に着いたんですよ。

そうしたらもう、余裕で満席。
10時のフェリーどころか、11時のフェリーも無理でした。

いや、ちょっと嫌な予感はしてたんですよ。
加太線ってローカル路線で、4両編成だったんですよね。
それで、ざっと数えたら1両に50人位は乗ってたと思うんです。
それがほぼそのまま終点である加太駅で降りてましたから、
10時が無理なのはある程度、諦めていたものの……。




ということで、乗れたのは11時30分の便でした。


そうなんです。
繁忙期ということで、臨時便が出てまして、1時間に1本ではなく2本の運行でした。
つまり、10時・10時30分・11時・11時30分と、
私は予定よりも3便遅い船に乗ったということです。
これ、臨時便が出てなければ、いつ乗れたことやら……

ちなみにフェリーは約100人乗りです。
それが毎便満席だったのですから、大したものですね。

実際、私が11時30分のフェリーに乗るために船着き場に行った時には、
新たに乗車券を求めるお客さんは「今から乗れるのは最終の15時の便です」
みたいなアナウンスをされてました。
いやホント、人が多かったですね。


人が多いと言えばですね、外国人観光客の方もおられたんですよ。
中国の人が7〜8人はいましたかね?
欧米系の人も4人くらいはいたはずです。
言っちゃなんですけど、よく、こんなローカルな場所に観光に来るなぁと感心しました。
大阪から来れば、それだけで1日が潰れる訳ですからね。
ここから、他にどこか行くのも難しい感じだと思いますし。
それでも行く価値があるということなので、それはそれで全然いいと思いますが。


IMG_1721.JPG

こんな感じの船に乗っていきます。
もし行かれる方がおられましたら、友ヶ島汽船さんのサイトを確認することをオススメします。



さてさてさて。
そうやって辿り着いた友ヶ島。
どの程度、ラピュタっぽいのかと言いますと、はい!


IMG_1747.JPG

IMG_1757.JPG

IMG_1761.JPG

IMG_1748.JPG

IMG_1784.JPG

IMG_1791.JPG


いかがでしょうか?
「言われてみれば、確かに……」という雰囲気があると思いませんか?

崩落が進んでいたり、昨年の台風の影響で入れなかったりする砲台跡もありますが、
それでもやっぱり、廃墟のロマン的な何かを感じることができました。


ちなみに、この友ヶ島には砲台跡以外にも灯台があったり、
子午線が通ってる広場なんかもあって、けっこうな時間を楽しめます。

IMG_1788.JPG

IMG_1786.JPG


というような感じの私のGWの思い出でした。
なお、友ヶ島ではそこそこ歩きますし、山道とはいいませんが、高低差もそれなりにあります。
ビーチサンダルで歩いておられる強者な方も見かけましたが、
やはりハイキングに適した格好の方が良いと私は思います。



というようなところで、今日のところはこの辺で!
明日からはもう6月!
ちなみに6月の私は、デバッグの毎日を送る予定です!

それではみなさん、ごきげんよう!
ヒーハー!

posted by ノンたん at 21:59| 日記

2019年04月26日

“オタク”って何じゃろ?


ヒーハー!
ごきげんよう、ノンたんです!

世間ではもう明日からGWに突入です!
かくいう私もバッチリ10連休です!
イェッヒー!

年末年始よりも長い休暇があるって何これ!?
すごいよ! さすが令和Power! ビックリですね!
ここぞとばかりに家の片付けに精を出したいと思います!



ということで。
すごい唐突ですが、先日、大阪のグランフロントにて行われた
慶應義塾大学大学院の公開講座的な何かで【オタク創造活動と世界
というのがありましてですね、出席させてもらってきました。


で。


オタク”って何じゃろ?



講座のページによれば
コンテンツの技術を楽しみながら吸収し、
 さらに新たな創造を経験しながら見出して行く方達」となります。

ですが、吸収で留まる人たちも“オタク”と呼ばれますよね。
アニメが、ゲームが、アイドルが、鉄道が好きという人たちは、
創作や発信をしていなくても“オタク”と括られます。



でも、例えばですね。
私の知人の息子さんは、
・1日1時間TVゲームをして、1時間スマホでゲームをする。
・2時間ぶっ通しで、アニメを見る。
・それが済んだらマンガを読む。
・劇場まで足を運んでアニメ映画を見る。
というような生活をすることがあるそうです。
これだけ見たら、十分立派にオタクと言えそうです。

ですが、この息子さんは周囲からも親御さんからも
“オタク”とは認識されていないようです。
むしろ「うちも一緒だよ」と言われることが多いそうです。






はい。この息子さんは小学5年生です。
・TVゲームは、任天堂スイッチ
・見てるアニメは妖怪ウォッチや銀魂。
・読んでるマンガはコロコロコミック。
・ディズニー系のアニメ映画は劇場で見る派

多分なんですけど、対象年齢というのが一つのキーになってくると思うんです。
この小学5年生の男の子の行動を、35歳の成人男性が取っていればどうか。
その場合、ほぼ間違いなく“オタク”と呼ばれると思うんですよね。

大手の一般企業に勤めて家庭を持っている男性で、
休日はケーブルTVでガンダムや仮面ライダーを見てる、という人もいますが、
この人はやっぱり世間的には“オタク”になると思うんです。



一方で、小学生でもこういう子はどうでしょう?
・シャフトの原画展に足を運ぶ。
・化物語などのグッズを買い込む。
・西尾維新が好き

この子はやっぱり“オタク”と呼ばれるような気がします。


そこで考えるのが、受け手の問題もあるけれども、
造り手側の事情と言いますか、そこのマッチングの問題もあるのでは、と。

・造り手の想定ターゲット年齢層に収まっている人 →オタクではない。
                収まっていない人→オタク
・造り手が、
 既存の“オタク層”に向けて作った作品が好き  →オタク

みたいなね。
もちろん、これはマンガやアニメ、ゲームを想定した場合の考え方です。
でも、造り手側の想定ターゲット層に収まってるかどうかというのは、
例えば“鉄道”に関しては当てはまると思うんですよ。

・移動は手段で、移動した先で何かをするという目的があるから電車に乗る人。
・電車に乗ることが目的、あるいは電車を撮影することが目的。

鉄道会社の想定ターゲットは、明らかに上だと思うんですよね。



あと、これ、善悪の話ではありませんよ?
どこからがオタクになるのか、という考察の話に過ぎませんので。

まあ、そんなことをツラツラと考えてるんですけれども、
この分類も「カメラ」や「自転車」には当てはまらないんですよね。
いやホント、“オタク”の定義は難しい。
どこまでは“趣味”で、どこからが“オタク”なのか。


ちなみに。
私はもちろん今、エロゲ会社で仕事をしています。
そうすると、「自分なんて浅いなぁ。オタクなんて言えないや」って思います。

が。
昨日、その講座に出てて、まあいろんなオタクコンテンツが紹介されまして。
「知ってる人はいますか?」と挙手を求められたりもしたんですが……
はい、全部知ってました。

東方とかドラえもん最終話とか、自分としては知ってて当然の知識でした。
しかしながら、聴衆の年齢層という問題もあったでしょうが
(20〜30代が少なく、むしろ50〜60代が多かった印象)
すべてに「知ってる」と手を挙げてたのは2〜3人だったんじゃないでしょうかねぇ。

そういうわけで、世間的には自分は立派なオタクなんだなと再認識した講座でした。



そういったところで!
何ら結論も出ないままですが、今日のところはこの辺で!
皆さん、GWもオタクライフを充実させていきましょう!

それではみなさん、ごきげんよう!
ヒーハー!


posted by ノンたん at 15:01| コラム

2019年02月28日

【日記】私だって働いているんですよ?


ヒーハー!
ごきげんよう、ノンたんです!

あっという間に2月も最終日ですよ、これ。
1月は行く、2月は逃げる、3月は去るとは、昔の人は上手いこと言ったもんです。

もちろん、私も日々をダラダラと過ごしていた訳ではございません。
2月に逃げられないよう、いろいろ精力的に頑張っていたんです!


琵琶湖大橋を超えて

IMG_1404.JPG


一時期、廃墟のようだとネットで噂になったピエリ守山に足を伸ばし

IMG_1412.JPG

そこから更には【るろうに剣心】の撮影にも使われた三井寺を訪れ

IMG_1421.JPG

境内にあるポケモンGoのジムを制圧し

IMG_1434.PNG

夜には近江牛に舌鼓を打ったり!

IMG_1440.JPG


あるいは大阪の吹田市にあるキリンビールの工場を訪れ

IMG_1496.JPG

IMG_1471.JPG


一通り説明を聞いた後に、ビールを試飲させてもらったり。

IMG_1477.JPG

IMG_1479.JPG

IMG_1484.JPG



そんな訳で、私が次に関わる作品は、
《世紀末的な廃墟化した未来世界でショッピングモールにたどり着き、
 最後に残されたビールを飲んで涙を零す》
というような内容になったら……ちょっと面白いなと思う今日この頃です。


いや、ホントにちゃんと仕事はしてますんで。
そのうち、改めてご報告させていただく日も来るはずです!

それまでにも……もうちょっとマシなブログ記事を書いていきます!
とりあえず、今日のところはこの辺で!
何か生存報告みたいでしたけど、次こそは……!

それでは皆さん、ごきげんよう!
ヒーハー!
posted by ノンたん at 18:38| 日記