2018年12月07日

【開発日誌】BGVのVは、VideoじゃなしにVoiceなんですよ。



ひーはー!
ごきげんよう、ノンたんです!

恐ろしいことに、ブログの更新がガッツリ空いてしまっていました!
え? もう12月!? 何で!!??
というくらいに月日の経つのは早いものですね!
恐ろしい……。


というわけで!
その間、私や大熊さんがお手伝いさせてもらっていた
LIQUIDの新作【黒獣2】が無事にマスターアップしました!
ヒャッホウッ!
日陰影次先生のマスターアップイラストもあるよ!


や〜〜〜、もうね!
けっこうすごいですよ、いろいろと!
例えば、ヒロインの一人アストリットを演じてくださった水野七海さんは、
こんなツイートをしてくださってます。


https://twitter.com/mzn773/status/1064279405113966593

腹筋が死亡するほどの喘ぎ声って、どんだけよ? みたいなね!
いや、デバッグに参加してた私には想像できますけど……
すみません、ありがとうございました!


いや、それでですね。
今回は水野さんも触れてくださったBGFというかBGVについてネタにしてみようと思います。

BGV:Back Ground Voice
BGF:Back Ground Fellatio

バックグラウンドと付いてる時点で想像できるかと思いますが、
エロゲのプレイ中、ヒロインの「」内の台詞が流れている時以外、
地の文や男の台詞が表示されている時に、バックで流れる喘ぎ声のことです。
ヒロインはずっと喘いでいる、フェラしている、という臨場感の演出ですね。

ちょっと調べてみたのですけど、多分、2000年代に入ってから始まったものっぽいですね。
それを言い出したら、昔の昔はそもそも音声自体がなかったですけどね。


さて。
そのBGVですが、今回の【黒獣2】はすごかったです。
何がって、その数、パターンがです。


BGVというのは、Hシーンにバックで再生される音声です。
Hシーンには、いろんなシチュエーションがありますよね?
・愛撫に、まだぎこちない声を漏らす
・初Hで、痛い
・感じまくりなラブラブH
・H後のピロートーク

純愛系でパッと考えただけでも、これくらいのパターンが出てきます。
で、一つのパターンにつき一つの音声しかないと、同じボイスが延々ループされて
それはそれで悲しい結果が生まれてしまいます。
そのため、一つのパターンに最低でも2〜3のボイスが必要になります。


ちなみに。
前に作った【ウチに泊めてよ♪】という作品ですが、
あれもHに特化しただけあって、実はけっこうBGVの数は多かったんですよ。
実に10パターンの30ワード
純愛系作品だと、ここまではしないと思いますが、抜き特化でしたからね。


そこで、今回の【黒獣2】です。
水野さんのアストリットの場合で、25パターン75ワード
もう、「アホやん……」ってレベルですよ、これ。正直。
いやホント、声優さんには頭が上がりません。

そもそもですよ?
BGV用の喘ぎ声しか書かれていないテキストファイルの容量が15kbでした。
15kbあったら、普通にHシーンが一つ書けてしまうくらいの分量です。
それが、いろんな場合分けしたHボイスだけで埋められている訳です。

どう考えてもやりすぎやん。

いや、作ったの、私なんですけどね?
Hシーンを全部確認して、必要なパターンを洗い出してってしたら、そんなに……。
もう声優のみなさん、ほんっとすみませんでした! ありがとうございました!


もうね、BGVの台本って正直、アレな感じなんですよ。
前後の文脈関係なく、こんな感じで喘いでください、とだけ指定する訳ですからね。
それに応えてくださる声優さんは、さすがプロやでぇ……。

ちなみに。
実際のBGV用のテキストは、こんな感じになってます。

//・場面想定:イラマチオ
//1
【アストリット】「んぐぉっ、んっ、んぐぅぅっ! んむぐぅ! むぐぐ……! ん! んっ! んぐぐ! ぐぐ……んんっ! ふぐぅ! んふーっ! ふぅぅーっ! んぶぅっ!」

//2
【アストリット】「ぐぶぶ……んぐぐ! ふぅーっ! んぅぅーっ! んっ! むぐぐ……んっ! んぐっ! んっ! ふぅっ! ふーっ、ふぐ! ぐぶっ、ぐぶっ、んぐぐぐぅーっ!」

//3
【アストリット】「んぐぼッ、ぶじゅぶっ! じゃぶぐうっ! ッッ……んじゅるうっ、んじゅっぽ、んじゅんじゅんじゅっ……じゅぶ、ぶぐふっ! ぶぢゅぅうっ!」


もう、何をやられてるのかサッパリですね!
正しく、「イラマされてるみたいな感じで、良い感じによろしく!」という投げっぱ!
私が、「ありがとうございました」を連呼するのもご理解いただけるでしょうか?

いや、ひょっとしたら、他のメーカーさんでは、もっとちゃんとシッカリ
シチュエーションを書き込んだBGVの台本を用意されてるのかも知れませんが。
すみません、私が手伝うと、こんな投げっぱになってます。ごめんなさい。



そんな訳で!
【黒獣2】では声優さんの演技が冴え渡るBGVにも
ぜひ、ご注目いただければと思います!
出演いただいた声優の皆さん、本当にありがとうございました!


といようなところで、今日のところはこの辺で!
12月中に、また更新します! ホントですよ!

それではみなさん、ごきげんよう!
ひーはー!


posted by ノンたん at 18:15| 開発日誌

2018年09月30日

【開発日誌】“黒獣”のヒロイン達は、何故、あんなに布地面積が小さいのか?



ヒーハー!
ごきげんよう、ノンたんです!

何となくの印象ですが、今年は台風の当たり年っていう気がしますねぇ。
関東から西に逆進したのと、この間、大きな被害をもたらしたのと、
そしてこの週末のと少なくとも3つは私でさえ覚えていますから。
幸いにして今回の台風は、前回ほどの被害はなさそうですけれども。

それでも、電車は早々に止まってましたし、お店もけっこう休みになってましたね。

IMG_1035.JPG

台風が本格化する前にイオンへ買い物に寄ったのですけれども、
専門店街の方はお休みになっていて、あまりお目にかからない光景でした。
まあでもホント、危ないですし、電車の状況では帰れなくもなりますし、
こういう日は素直にお休みになる方がいいと思いますよね!
(買い物に行った私が言うセリフではありませんが……)


そんな訳で!
もう明日からは10月ですよ!
10月になったら【黒獣・改】が発売されます!
更にその2ヵ月後、12月には【黒獣2】が発売されてしまうのです!
イェッヒー!


そんな【黒獣】シリーズですけれども、この作品にはちょっとした特徴があります!

【黒獣2】立ち絵並べ+.jpg


どうでしょう?
これは【黒獣2】のメインキャラ一覧になるのですけれども、
何か気付かれたところはありますか?











はい、正解!
みんな、ビキニ・アーマー並の露出度の高さですね!
特にエルフの人なんて、ほとんど全裸そのものといって過言はありません!

ですが、これにはちゃんと理由があるのです!
見た目がエロいとか、そんな話ではなく、ちゃんと世界設定的な理由が!


それは、「身分が高いほど、布地面積が小さくなる」というものです!


いや、これが割りと本当に、世界設定資料の中に書かれてあった文言なのですよ。
そう、ほとんど全裸のエルフの人は、超高貴な存在、となる訳ですね。
逆に布地が多いほど身分は低いとなっていくのです。

あ、ちなみにおそらくですが、この設定は女性にのみ適用されているはずです。
男にも適用された世界というのは……ちょっと見たくはありませんからね!


そんな訳で!
【黒獣】シリーズの世界が、ちょっと身近になったのではないでしょうか?
そりゃもう、超高貴なエルフの人も、もちろんヒャッハーな目に遭わされてしまいます。
そんな、久方ぶりの漆黒な黒さを誇る【黒獣2】にご期待ください!


それではみなさん、ごきげんよう!
ヒーハー!

posted by ノンたん at 23:35| 開発日誌

2018年08月31日

【開発日誌】 そんな訳で真っ黒々な新作“黒獣2”です!



ヒーハー!
ごきげんよう、ノンたんです!


毎日毎日、暑い日が続いていますが、それでももう8月が終わりです!
3か月予報だと、まだまだ暑い日が続くらしいですけれどもね!
今年も何か、夏がダラダラ続いて秋が駆け足でさり、冬がすぐに来る、
みたいなのを聞いた覚えがあります。


さて。
ちょっと前の記事で『黒系で食ってくのは、もう限界
みたいなことを書いてあったりもするのですが……。


はい、ドーン!


top (1).png


思いっきり、黒系のフルプライスタイトルがLiquidから出ます!
Nomadじゃないですよ!
イェッヒー!!!


や〜、もう何て言いますか。
今どき、珍しいくらいに漆黒レベルに真っ黒な内容になっています!
情け容赦もなければ救いもない、そんな物語が展開してしまいます。


って、これだけだと分かりにくいでしょうから、もう少し解説をば。
この『黒獣2』というのは、“2”と銘打つだけありまして“1”があります。
そちらは、今回『黒獣・改』として追加要素を加えてリリースされます。


で、この『黒獣』ですけれども、大雑把に言いますと、
剣と魔法の世界を舞台としたファンタジーな黒系作品です。

「女は全員、国家の所有物として、男に性的奉仕をすること」
というトンデモナイ国(奉仕国家といいます)を、とある傭兵が建国をしまして。

「そんなもの許せるかーっ!」とばかりに各国の姫騎士やら何やらが戦いに挑むのですが、
当然のようにアッサリと破れ、奉仕奴隷にされていく、というようなお話です。
国家レベルの派手なイベントが目白押しで、なかなかスゴい作品な訳です。


今回の『黒獣2』は、そこから150年ほど月日が経過した時代が舞台。
奉仕国家はいよいよ繁栄と退廃を極めており、周辺各国はついに奉仕国家打倒のために立ち上がるが……
というような感じです!


うちの大熊さんも、ひっさしぶりにドロッドロのグッチョングッチョンな
Hシーンを作成しておられました。
原画の日陰影次さんも、黒系はお久しぶりな感じなわけで。

con07.jpg


今ならこんな、早期予約キャンペーンもやってたりしますので!
久方ぶりの黒系大作、ぜひ、お見逃しのないようにしていただければと思います!
いやもう、マジでエロいっすよ!


というようなところで、今日のところはこの辺で!
9月こそっ……9月こそ2回以上のブログ更新を頑張りたいと思います!
それではみなさん、ごきげんよう!
ヒーハー!!


posted by ノンたん at 18:28| 開発日誌