2019年04月26日

“オタク”って何じゃろ?


ヒーハー!
ごきげんよう、ノンたんです!

世間ではもう明日からGWに突入です!
かくいう私もバッチリ10連休です!
イェッヒー!

年末年始よりも長い休暇があるって何これ!?
すごいよ! さすが令和Power! ビックリですね!
ここぞとばかりに家の片付けに精を出したいと思います!



ということで。
すごい唐突ですが、先日、大阪のグランフロントにて行われた
慶應義塾大学大学院の公開講座的な何かで【オタク創造活動と世界
というのがありましてですね、出席させてもらってきました。


で。


オタク”って何じゃろ?



講座のページによれば
コンテンツの技術を楽しみながら吸収し、
 さらに新たな創造を経験しながら見出して行く方達」となります。

ですが、吸収で留まる人たちも“オタク”と呼ばれますよね。
アニメが、ゲームが、アイドルが、鉄道が好きという人たちは、
創作や発信をしていなくても“オタク”と括られます。



でも、例えばですね。
私の知人の息子さんは、
・1日1時間TVゲームをして、1時間スマホでゲームをする。
・2時間ぶっ通しで、アニメを見る。
・それが済んだらマンガを読む。
・劇場まで足を運んでアニメ映画を見る。
というような生活をすることがあるそうです。
これだけ見たら、十分立派にオタクと言えそうです。

ですが、この息子さんは周囲からも親御さんからも
“オタク”とは認識されていないようです。
むしろ「うちも一緒だよ」と言われることが多いそうです。






はい。この息子さんは小学5年生です。
・TVゲームは、任天堂スイッチ
・見てるアニメは妖怪ウォッチや銀魂。
・読んでるマンガはコロコロコミック。
・ディズニー系のアニメ映画は劇場で見る派

多分なんですけど、対象年齢というのが一つのキーになってくると思うんです。
この小学5年生の男の子の行動を、35歳の成人男性が取っていればどうか。
その場合、ほぼ間違いなく“オタク”と呼ばれると思うんですよね。

大手の一般企業に勤めて家庭を持っている男性で、
休日はケーブルTVでガンダムや仮面ライダーを見てる、という人もいますが、
この人はやっぱり世間的には“オタク”になると思うんです。



一方で、小学生でもこういう子はどうでしょう?
・シャフトの原画展に足を運ぶ。
・化物語などのグッズを買い込む。
・西尾維新が好き

この子はやっぱり“オタク”と呼ばれるような気がします。


そこで考えるのが、受け手の問題もあるけれども、
造り手側の事情と言いますか、そこのマッチングの問題もあるのでは、と。

・造り手の想定ターゲット年齢層に収まっている人 →オタクではない。
                収まっていない人→オタク
・造り手が、
 既存の“オタク層”に向けて作った作品が好き  →オタク

みたいなね。
もちろん、これはマンガやアニメ、ゲームを想定した場合の考え方です。
でも、造り手側の想定ターゲット層に収まってるかどうかというのは、
例えば“鉄道”に関しては当てはまると思うんですよ。

・移動は手段で、移動した先で何かをするという目的があるから電車に乗る人。
・電車に乗ることが目的、あるいは電車を撮影することが目的。

鉄道会社の想定ターゲットは、明らかに上だと思うんですよね。



あと、これ、善悪の話ではありませんよ?
どこからがオタクになるのか、という考察の話に過ぎませんので。

まあ、そんなことをツラツラと考えてるんですけれども、
この分類も「カメラ」や「自転車」には当てはまらないんですよね。
いやホント、“オタク”の定義は難しい。
どこまでは“趣味”で、どこからが“オタク”なのか。


ちなみに。
私はもちろん今、エロゲ会社で仕事をしています。
そうすると、「自分なんて浅いなぁ。オタクなんて言えないや」って思います。

が。
昨日、その講座に出てて、まあいろんなオタクコンテンツが紹介されまして。
「知ってる人はいますか?」と挙手を求められたりもしたんですが……
はい、全部知ってました。

東方とかドラえもん最終話とか、自分としては知ってて当然の知識でした。
しかしながら、聴衆の年齢層という問題もあったでしょうが
(20〜30代が少なく、むしろ50〜60代が多かった印象)
すべてに「知ってる」と手を挙げてたのは2〜3人だったんじゃないでしょうかねぇ。

そういうわけで、世間的には自分は立派なオタクなんだなと再認識した講座でした。



そういったところで!
何ら結論も出ないままですが、今日のところはこの辺で!
皆さん、GWもオタクライフを充実させていきましょう!

それではみなさん、ごきげんよう!
ヒーハー!


posted by ノンたん at 15:01| コラム

2019年02月28日

【日記】私だって働いているんですよ?


ヒーハー!
ごきげんよう、ノンたんです!

あっという間に2月も最終日ですよ、これ。
1月は行く、2月は逃げる、3月は去るとは、昔の人は上手いこと言ったもんです。

もちろん、私も日々をダラダラと過ごしていた訳ではございません。
2月に逃げられないよう、いろいろ精力的に頑張っていたんです!


琵琶湖大橋を超えて

IMG_1404.JPG


一時期、廃墟のようだとネットで噂になったピエリ守山に足を伸ばし

IMG_1412.JPG

そこから更には【るろうに剣心】の撮影にも使われた三井寺を訪れ

IMG_1421.JPG

境内にあるポケモンGoのジムを制圧し

IMG_1434.PNG

夜には近江牛に舌鼓を打ったり!

IMG_1440.JPG


あるいは大阪の吹田市にあるキリンビールの工場を訪れ

IMG_1496.JPG

IMG_1471.JPG


一通り説明を聞いた後に、ビールを試飲させてもらったり。

IMG_1477.JPG

IMG_1479.JPG

IMG_1484.JPG



そんな訳で、私が次に関わる作品は、
《世紀末的な廃墟化した未来世界でショッピングモールにたどり着き、
 最後に残されたビールを飲んで涙を零す》
というような内容になったら……ちょっと面白いなと思う今日この頃です。


いや、ホントにちゃんと仕事はしてますんで。
そのうち、改めてご報告させていただく日も来るはずです!

それまでにも……もうちょっとマシなブログ記事を書いていきます!
とりあえず、今日のところはこの辺で!
何か生存報告みたいでしたけど、次こそは……!

それでは皆さん、ごきげんよう!
ヒーハー!
posted by ノンたん at 18:38| 日記

2019年01月31日

【日記】貴女の不正利用された金額は53万円です。



ひーはー!
ごきげんよう、ノンたんです。

おっそろしいことに、もう1月が終わろうとしています。
マジでっ!!??
この一ヶ月、何してたっけ……? あ、あれ……?
仕事はしてたんですけどね、もちろん。


というような、状況ではありますが、
今月は仕事以外に、一個、なかなか経験しないだろうネタがございまして。


クレジットカードが不正利用されました



いや〜、あるんですね、そういうこと。ホントに。
仕事中、見覚えのない番号から携帯に電話がありまして。
出てみたら、相手はカード会社の人を名乗られました。
で、「貴女のカードが不正利用された疑いがあります」と。

え? マジで? てなもんですよ。


カード会社の人はすごいですね。
当然ながら、もう全部調べ上げてあるわけで。

「昨日の○時○分頃、イギリスの○○というサイトで買い物はされましたか?」
みたいな感じで聞かれました。
もちろん、答えはNoです。
向こうさんも、「やはりそうでしたか」という感じで答えてきます。

そもそも、何故、カード会社が不正利用に気付いたか。
それは使用された金額にあったようです。
まず第一に、私が普段、使用するはずのない高額取引が行われようとしていました。

その額、実に53万円

どこのフリーザ様だよって感じですが、マジです。
この金額でまず、カード会社は「怪しいぞ」ってなったっぽいんですね。

で、この取引は、そういう事情でそもそも成立しなかったんですって。
ネットで買物をすると、カード会社と情報のやり取りが発生しますよね?
その時点で、跳ねちゃったそうなんですよ。
ですから、私の方は本来、気付くはずもない話でした。

で、今回の不正使用には続きがありまして、
その高額で跳ねられたからか、すぐ数分後にまた別の国のサイトで小口の取引が発生しました。
今度は2000円くらいって言ってましたかね?
こちらは、取引が成立してしまいました。

ですが、今回、自分が使用したのではない、不正使用だと確定しましたので、
自分の方に請求が来ることはない、というようになりました。
よかったよぅ……

その他にも、カード番号の登録だけ、やはりまた別の国のサイトに登録されたりとか、
短い時間で一気に動きがあったようです。
その動きも不自然で、かつ、自分が普段、使用したことのないサイトでの買い物だということで、
カード会社は不正使用を疑っていたそうでした。
(そういうのも把握してるんだなぁと、ちょっと思いましたけどね)


それでですねぇ。
メールも来てたんですよ、カード会社から。ちゃんと。
で、すぐ電話くださいねってあったのに、そのメールにそもそも気付いてなかったという……。
そうしたら、わざわざカード会社から電話をかけてくれたというのが今回のお話でした。


ここでもう一つ、ネタがありまして。
電話口でカード会社の人に尋ねられました。

「今、ご利用になられているカードはお手元にご用意できますか?」と。

その時、私はふと思いました。
もしかして、これ、盛大な釣りなんじゃね?」と。
不正利用されたという話で、こちらの不安を煽り、向こうの信用を勝ち取る詐欺なんじゃね?
ここで今、自分からカード番号や何やを引き出そうとしてるんじゃね? と。










はい、杞憂でした
かかってきた電話はもちろん、非通知なんてことはありませんでした。
なので、その番号でググってみれば、ちゃんとカード会社にたどり着きました。
さらに言えば。

「念のため、カード番号を読み上げますので、ご確認いただけますか」ときたもんだ。
そう、こっちではなく向こうがカード番号を言ってくれたわけですね。
間違いなく本物です。


そんな訳で、「この電話を切り次第、カードは停止いたします」と相成りました。
ここででも、もちろん向こうから注意事項として言われましたが、一つ問題が。
私、電車の定期券と一体型のクレカを使用してるんですよね。
そういうのが、あるんですよ。
それが、カードを停止させると定期も使えなくなっちゃうということでして。
これがちょっと不便でしたね。

もちろん、定期券売り場に行けば、定期はすぐに再発行してもらえました。
ただ、今までタッチ式に慣れていたので、いちいち機械に通すのが面倒くさいぞと。
人間、楽な方式に慣れると、もとに戻っただけでも面倒に感じてしまうものなんですね……。


あと、最後にもう一つ。
「不正使用に関する届け出 兼 異議申立書」というのも書くことになりました。
といっても、カード会社から送られてくる書類に住所氏名を書いて返送するだけですけどね。

おかげで今は、無事にカードも再発行され、定期もそちらと統合することができました。
いや〜、カードの不正使用ってニュースではよく聞きますが、
自分の身に降りかかることってあるんだなぁというのが正直な感想です。

これはでも、なっかなか自衛の方法ってないっぽいんですねぇ。
せいぜい、毎月の明細をきちんと把握して、覚えのない取引がないか気をつけるくらいでしょう。
個人がカード情報の流出を防ぐっていうのは、難しいんじゃないかなと思います。


ただ、不正利用が発覚すると今回のようにカード会社から連絡が来るようですので、
その際にはちゃんと対応するのが確実だろうということですね。




というようなところで、新年早々、得難い体験をした1月でした。
何か本当に日記ネタで申し訳ありませんが、今回のところはこの辺で。

それでは皆さん、ごきげんよう!
ひーはー!

posted by ノンたん at 18:24| 日記